良いテスターの条件とは?

近年の情報技術の発展には目覚しいものがあり、この業界の労働市場もより活気に満ちあふれています。情報技術というと、プログラマー(開発者)、アドミニストレーター(保守・管理担当者)、ネットワークセキュリティ専門職、ソフトウェアデザイナー、システムマネージャー、ブリッジエンジニアなどが思い浮かびます。すべて身近で人気のある職業ですが、この中であまり注目されていない職種がシステムのテストを行う人、「テスター」です。この業務をよりよく理解するために、今日の記事では、テスターとは何か、そしてテスターになるためには何が必要なのかを具体的にお伝えしたいと思います。

テスターの仕事内容とは?

テスターの主な仕事は、その名の通りソフトウェアの品質チェック、つまりソフトウェアを最初にテスト(検査)することです。つまり、テスターは、ソフトウェアの実際の状態と、バグ、不具合、エラーなど、要求された状態を比較する作業を行うことで、ソフトウェアの品質を確認する責任を担います。テスターには、QA(Quality Assurance)、QC(Quality Control)、マニュアルテスター、オートメーションテスターなどさまざまな分野があります。マニュアルテスターとは、ソフトウェアを手動(マニュアル)でテストする人のことです。高度なプログラミング知識は必要ありませんが、マニュアルテスターを目指すには、手動でのテストに精通していること、不具合を見つけることへの情熱と探求心を持っていることが必要です。一方、オートメーションテスターは、自動化支援ツールをベースにしたテストを行う人のことです。オートメーションテスターのテスト結果はほとんどの場合、より信頼性が高くなりますが、この職業に就くにはそれでもプログラミングの知識をマスターする必要があります。

テスターになるには何が必要?

テスターになりたいと思うことは簡単ですが、大切なのは、成長するために十分な努力をしたかどうかです。どんな仕事であっても、自分が何をすべきか、何をするかを知っているかどうかが決め手となります。

基本知識

プログラマーほどの専門性は必要ありませんが、少なくともテスターは、自分がテストする内容がどのようなものかを知っていなければなりません。テスターの日々の仕事は、ソフトウェアをテストするためのコードを書くことがほとんどなので、これはとても重要なことです。どんな仕事でもそうですが、知識を身につければ身につくほどメリットやチャンスは増えていきます。

テスターとしての専門知識

2つ目は、テストの概要(概念、専門用語、テストプロセスの理解)、効果的なテストケースの設計ができることです。ソフトウェアテストの基本的な流れは、以下のようになっています。

  1. テストの計画と管理
  2. テストの分析と設計
  3. テストの実施と実行
  4. 完了基準の評価と報告
  5. テストの完了作業

マニュアルテスターとオートメーションテスター

最後に、マニュアルテスターとオートメーションテスターのそれぞれで必要なスキルについて簡単にご説明します。

マニュアルテスター:具体的なテスト計画の作成、テストケースの設計(テストの設計にはそれなりの技術が必要です)、テスト結果の報告、日々の進捗報告、報告書の作成、不具合の管理(不具合の発見、分析、修正、管理)、モバイルアプリでのテスト、Windowsなどの各種OSやWebサイトのテストとテスト用ツールの使用、リスクベースのテストプロセスと実施、テスト時の評価リスクアセスメントなど

オートメーションテスター:プログラミング言語、Ranorex、TestComplete、Selenium、Appium、Jmeterなど必要なオートメーションツール/フレームワークについての知識

プロのテスターになるためにはさまざまな要素が必要です。テスターとして自分なりの価値を提供できるよう、個人の能力と資質を伸ばしていくことが大切です。

Comments are closed.

30分間の無料相談
を予約する